« 12月17日、20日に奪われた光 | トップページ | @nifty:NEWS@nifty:「ほかに3体遺棄」と女が供述(共同通信) »

回復を願っていましたが、

 先月、このブログで回復を願っておりました、島根県出雲市枝大津町で集団登校中に交通事故に巻き込まれて重体となっていた小学5年生の車田愛(10歳)ちゃんが、12月18日に病院で息を引き取ってしまいました。非常に残念です。
 また、埼玉県戸田市川岸で、12月19日に、小学3年生の発出篤志(9歳)ちゃんが、同じく、登校中に交通事故に巻き込まれて亡くなりました。
 下校の際に、卑劣な犯人に、幼い命が奪われるという事件が相次いでいる中、このような事故のニュースに触れると、登下校の通学路が心配になります。大きな道であれば車や自転車、通行量が少ない道は不審者。子供たちを安心して通学させる手段を見失いそうになります。
 本当に、登下校は一緒にいかなくてはならない時代になっているのかと感じます。

|

« 12月17日、20日に奪われた光 | トップページ | @nifty:NEWS@nifty:「ほかに3体遺棄」と女が供述(共同通信) »

コメント

彼女のことを悲しんでくれてありがとう。
あしたで事故から三年になります。
この事故を忘れないでください。

投稿: 彼女の同級生 | 2008/11/21 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回復を願っていましたが、:

« 12月17日、20日に奪われた光 | トップページ | @nifty:NEWS@nifty:「ほかに3体遺棄」と女が供述(共同通信) »