« 6月に奪われた光 | トップページ | 8月に奪われた光 »

7月に奪われた光

 岡田瑠美(るみ)ちゃん(当時7歳)が、1991年7月2日に自宅付近から行方不明となり、翌日、鳴尾浜の沖合で絞殺体で発見されました。
 同日午後7時に自宅にいるのが確認されている。
 午後7時30分ごろ県営住宅の植え込みで倒れている女児が目撃(瑠美ちゃんかどうか不明)。
 午後7時45分ごろ、鳴尾新川にかかる三笠橋付近で、中年男性に拉致されているのが目撃。
 午後8時ごろ、額から血を流し、ぐったりした瑠美ちゃんらしい女児が身長165cmほどの人物に抱えられているのが目撃。
 しかしながら、この事件は、公訴時効となっています。

 清原聖子(しょうこ)ちゃん(当時7歳)が、1993年7月31日に、首を絞められ、長さ45センチの鉄製バールで顔などを殴ぐられ、亡くなりました。

 2000年7月19日、後藤竜二ちゃん(当時9歳)が亡くなりました。
 2000年7月16日午後9時ごろから19日午前9時ごろまでの間に、竜二ちゃんは、粘着テープで縛られた上、顔や腹などを缶や瓶などで何度も殴られ、テープで目や口、鼻をふさがれて、午後8時35分ごろ、外傷性ショックで亡くなりました。

 村瀬翔(しょう)ちゃん(当時1歳10ヶ月)が、2002年7月28日、駐車場より連れ去られて、犯人によって海に投げられて殺害されました。
 この事件は、一審で無罪判決後、二審で逆転有罪となり、上告中となっています。

 種元駿(たねもとしゅん)ちゃん(当時4歳)が、2003年7月1日午後9時15分ごろ、犯人にいたずら目的で誘拐され、駐車場の屋上(高さ約20m)から生きたまま突き落とされ、殺害されました。この事件から5年が経過しました。

 2003年7月14日、秋葉優香ちゃん(当時5歳) が亡くなりました。
 2001年8月ごろから、父親と同居女性から殴られたり、一晩中ベランダに放置されたりなど虐待を受け、2003年7月11日に、頭を殴られたり、壁にぶつけられたりしたことで、頭部打撲による脳障害で亡くなりました。

 2004年7月28日、浜田恵一(けいいち)ちゃん(当時5歳)が亡くなりました。

 2005年7月7日、福田健吾ちゃん(当時2歳5ヶ月)が亡くなりました。

 2006年7月5日、長阪優奈ちゃん(当時2歳)が亡くなりました。

 2006年7月15日、畠中優花(ゆうか)ちゃん(当時8歳)が亡くなりました。

|

« 6月に奪われた光 | トップページ | 8月に奪われた光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月に奪われた光:

« 6月に奪われた光 | トップページ | 8月に奪われた光 »