« 10月に奪われた光 | トップページ | 12月に奪われた光 »

11月に奪われた光

 1999年11月22日午前11時50分ごろ、若山春奈(わかやまはるな)ちゃん(当時2歳)が、亡くなりました。

 2000年11月2日、酒井千月(ちづき)ちゃん(当時4歳)が亡くなりました。

 2000年11月3日、徳永将幸ちゃん(当時3歳)が、下関市秋根新町の自宅で虐待を受けて、亡くなりました。母親の交際相手に、顔を殴られたり、畳や布団に頭を打ちつけられたりして、外傷性急性硬膜下血腫(けつしゆ)などのため死亡した(毎日新聞、2001.04.19、地方版/山口)。

 2003年11月2日、安岐海帆(みほ)ちゃん(当時2歳)が亡くなりました。

 2003年11月15日、小西加織ちゃん(当時5歳)が亡くなりました。

 2003年11月17日、安部憂那ちゃん(当時5ヶ月)が、福岡県古賀市の自宅で父親から強く柱に打ちつけられて、翌18日に、外傷性脳挫傷で亡くなりました。

 2003年11月27日、浅川美夢(みみ)ちゃん(当時4ヶ月)が亡くなりました。

 2004年11月8日、井口桃華ちゃん(当時6ヶ月)が亡くなりました。

 2004年11月16日、星野渚ちゃん(当時1歳)が亡くなりました。

 2004年11月17日午後3時20分ごろ、有山楓(かえで)ちゃん(当時7歳)が、亡くなりました。

 2005年11月22日、木下あいりちゃん(当時7歳)が、亡くなりました。

 2006年11月6日、泉侑樹ちゃん(当時5歳)と朋樹ちゃん(当時3歳)が亡くなりました。
 午後3時45分ごろ、福岡市新市町にある元国民保養センターの南側駐車場に止めた乗用車内で、朋樹(ともき)ちゃん(当時3歳)が首を絞められ、4時20分ごろ、北側約360メートルの駐車場で侑樹(ゆうき)ちゃん(当時5歳)が、首を絞められて亡くなりました。障害があった侑樹ちゃんと朋樹ちゃんの育児の悩みなどが原因で、広島高裁(2008年11月25日判決)は、「周囲の者が適切な措置を取らなかったことから息子らと心中を図った」と判示しています。

 2006年11月24日、高橋尚也ちゃん(当時7歳)と信也ちゃん(当時4歳)が亡くなりました。
 札幌市東区の自宅アパートで、午後3時ごろ、尚也ちゃんが、午後4時30分ごろ、信也ちゃんが、無理心情を図ろうとした母親に首を絞められて殺害されました。尚也ちゃんが知的障害(軽い精神遅滞)から学校でいじめられていたことを思い悩んでの犯行でした(読売新聞、2007.08.27、東京夕刊)。

 2007年11月16日午前3時ごろ、山下茜(あかね)ちゃん(当時5歳)と山下彩菜(あやな)ちゃん(当時3歳)が、亡くなりました。
 

|

« 10月に奪われた光 | トップページ | 12月に奪われた光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月に奪われた光:

« 10月に奪われた光 | トップページ | 12月に奪われた光 »