WBCフライ級タイトルマッチ 内藤vs亀田戦の感想

 WBCフライ級タイトルマッチの内藤対亀田戦。
 私自身の採点は、日刊スポーツの採点と同じでした。

 さて、試合内容について、ボクシングの技術レベルが高いと感じなかったというのが第一印象。しかも、中盤以降、亀田選手のバッティングやクリンチの際のローブロー。その上、最後のレスリング行為。反則負けということになるのではと思いました。
 亀田選手は、攻撃パターンが一本調子。一方、チャンピオンは、手数はあるものの、大振りでクリーンヒットがない。あくまで、今回の勝利は、ガードをしたまま手を出さずに近づく挑戦者であったので、勝利できたという印象で、スピードやテクニックは、今後の防衛に黄色信号と思った。
 ところで、亀田選手だが、今後の課題として、攻撃のバリエーションの再検討と精神面。自らのスタイルが通じないことからの苛立ちで、あのようなアンフェアーな行為に至った精神的脆さは、彼自体のボクサーとしての能力の発展に障害となるということを危惧する。
 今回の敗戦は、亀田選手の足りない部分がはっきりした以上、再び、世界を目指すのであれば、十分に再考して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田/ランダエタ第2戦

 私の採点では、116−111で亀田の勝利。

 途中、うまく更新がいかなかったのですが、こんな感じです。
 現時点では、正式なジャッジペーパー(ラウンドごとの)がわからないのですが、同じ採点をした人がいたような。一応、正式採点は、次の通りです。

115−113
116−111
119−108

 とりあえず、防衛おめでとうございます。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

亀田/ランダエタ第2戦 第12ラウンド

 第12ラウンド
 開始10秒、亀田のボディが入る。
 その後両者手数を出すが、ガードの上。
 1分過ぎに、亀田のボディが入る。
 ランダエタも手数を出すが、亀田のボディがより有効。
 最後、亀田の左が入る。

 減点があるので、第12ラウンドは、9−9。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田/ランダエタ第2戦 第11ラウンド

 第11ラウンド
 開始10秒過ぎから亀田のボディーがよくみえる。強いクリーンヒットではないものの。
 50秒ごろの亀田のボディーは強い。
 1分20秒ごろ、亀田の軽い飛騨リスとれとが入る。
 1分40秒ごろ亀田の左ストレートはクリーンヒット。
 ランダエタも、2分10秒ごろボディーを当てるが、すぐに、亀田もボディー。
 残り10秒ほどランダエタの連打。クリーンヒットはないように見える。

 第11ラウンドは、亀田の10−9。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田/ランダエタ第2戦 第10ラウンド

 第10ラウンド
 20秒過ぎに、亀田の右2つとボディー。
 ランダエタも手数を出すが、ガードの上。
 1分10秒過ぎに、亀田の左が軽くヒット。
 1分30秒ごろ、亀田が連打。何発か有効だ。
 2分10秒過ぎから回転の速い連打。クリーンヒットではないが、攻勢点はある。

 第10ラウンドは、亀田の10−9。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

亀田/ランダエタ第2戦 第9ラウンド

 第9ラウンド
 開始から30秒ほど動きが少ない。
 亀田が連打するもクリーンヒットではない。
 1分すぎに、亀田の左ショートがヒット。
 1分50秒ごろ、亀田のボディーが有効。ランダエタもボディーに有効だ。
 2分30秒にも亀田が左のショートをヒット。
 ランダエタのボディ2発がヒットした後、亀田が連打。

 第9ラウンドは、亀田の10−9。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田/ランダエタ第2戦 第8ラウンド

 第8ラウンド
 10秒過ぎに亀田のボディ。その後、亀田はジャブを出すが、有効ではない。
 1分20秒過ぎに、亀田のボディが入る。
 2分ごろ、亀田がロープに追いつめて連打をするが、有効ではない。
 2分20秒ごろの左ストレートが入る。また。2分40秒ごろにも左が入る。

 第8ラウンドは、亀田の10−9。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田/ランダエタ第2戦 第7ラウンド

 第7ラウンド
 最初はランダエタが軽いパンチを出す。
 50秒過ぎに、亀田に有効打があった。
 1分40秒ごろ、ランダエタのボディーが入る。
 2分ごろ、亀田の右がクリーンヒット。
 その後も浅いながらも亀田のクリーンヒットが多いか。

 第7ラウンド、亀田の10−9。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田/ランダエタ第2戦 第6ラウンド

 更新に失敗し、第1ラウンドから第2ラウンドが消えてしまった。
 ここまで、
 1ラウンド ランダエタ
 2ラウンド 亀田
 3ラウンド ランダエタ
 4ラウンド ランダエタ

 第6ラウンド
 1分10秒ごろの亀田の左は有効。
 その後、両者有効打はないものの
 終了間際、ランダエタのボディーと亀田の左ストレート。

 第6ラウンドは亀田の10−9。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田vsランダエタ第3戦 第5ラウンド

 第5ラウンド
 開始1分の亀田のボディーは有効。また、その後、左ストレートが有効に。
 終了間際の左ストレートも有効。

 第5ラウンドは、亀田の10−9。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧